平塚盲学校 on the web

 

図書館

図書館について

利用のしかた

図書委員のページ

図書館だより

図書館について

1、はじめに

文字が読めない人といっても、光が分かる人もいれば、物が動くのが分かる人もいます。また、文字が見えにくいだけで、大きくすれば見える人もいれば、逆に見える部分(視野)が狭いために文字を小さくした方が見えやすい人もいます。
このようにいろいろな見え方をする人が図書館を使用するために、盲学校の図書館では使用者に応じた形式の本を置いています。

2、いろいろな形の本の紹介

点字本

 点字で書かれた本です。点字は指先の感覚で読む字なので、読むための訓練が必要です。また、点字は1マスで1音(50音の)を表していきますので、文字の量が増えて本が厚くなり、何冊にもなることもあります。

拡大本

 一般的な本より文字を大きくした本です。弱視(目が見えにくい)の人には、本が読みやすくなります。字を大きくした分、本が大きく何冊かになってしまいます。

録音図書

 音声で聞くことによって読書が楽しめる本のことです。テープ・朗読CD・デイジーという種類があります。
 テープは一冊の本を録音すると何巻ものテープになることもあり、持ち運びや読み返しの際に多少問題があります。
 朗読CDは一般的なCDデッキで読むことのできる本です。長い話の場合は何枚かに分かれることもありますが、テープのように伸びたり切れたりせず、持ち運びにも便利な本です。
 デイジー図書はあまり聴きなれない名前かと思いますが、CD−Rに本が録音されているというものです。注目されつつある、視覚障害者向けの新しい本の形です。CDのように持ち運びが簡単で、さらに長い本でもほとんどが1枚に納まります。また、一般的な本のようにしおりをつけたり、ページをとばして読んだりすることもできます。ただし、デイジー図書を読むためには専用の機械かパソコンが必要です。

墨字本

本屋さんで売られている本のことです。

盲学校ではインクで印刷された本のことで、墨字図書(すみじとしょ)と呼んでいます。レンズで読む、拡大読書機(本の文字をモニターに大きく映し出す機械)で読む、リーディング・サービス(ボランティアさんによる朗読)用として、などの利用があります。

 

利用のしかた

1.利用できる方

平塚盲学校の幼児・児童・生徒とその保護者、本校職員、卒業生。地域の視覚障害のある方。

2.利用時間 平日8:30〜16:30

(土、日曜日、祝祭日、体育祭等、学校行事のある日は閉館です。夏休み中などの開館日は別途お知らせします。)

3.貸出期間 2週間

(夏休みなどに入る場合は、その休みの間が貸出期間となります。冊数の制限は、貸出期間内に読める程度とします)。

4.貸出の方法

閲覧室のカウンターにおいで下さい。昼休みなら生徒図書委員が、それ以外は学校司書が、貸し出しを行います。

5.返し方

閲覧室を入ってすぐの右側に箱がありますので、その中に本を入れて下さい。

 

施設案内

1.閲覧室の大きさ 254u・座席16席・ソファ10席

2.蔵書

  点字図書 7,000冊

  拡大図書 1,500冊

  録音図書 3,500冊

  墨字図書 6,500冊

 

3.図書館閲覧室の写真

説明: 説明: 説明: IMG_1383.JPG 図書館の入り口の写真

 説明: 説明: 説明: IMG_1384.JPG カウンターの写真

説明: 説明: 説明: IMG_1386.JPG 児童書コーナーの写真

説明: 説明: 説明: IMG_1387.JPG 点字本コーナーの写真

 

図書委員のページ

平成24年度図書委員長のYさんに、卒業を前に、このページに文章を残してもらうことにしました。

 

初めての指点字

「ダンセイノ エキインガ デンワデ レンラクヲ シテ イマス

このごく短い会話は私にとって大きな意味を持つ、忘れられないものです。

生まれつき網膜の錐体が1種類しか充分に働いていないため、子供の頃から明るい昼間が苦手でしたが、校庭を自由に走り回る活発な子供でした。反響音を使うことで、路上駐車にぶつかることなどまず考えられず、横にあるのが生け垣なのかブロック塀なのかなどということも音から判断して、歩く時の目印にしていました。

ゆっくりと視覚と聴覚の障害は進行して、やがて白杖を持つようになり、補聴器を使っても場面によっては会話に支障が出るようになってきました。反響音が使いにくくなることで、横切った路地の数を数え間違えて、自宅周辺で迷子になってさまよいました。白杖を地面にこすらせ障害物にぶつけて歩くようになりました。それはまるで、大空を自由に飛んでいた鳥が、羽をむしられて、地を這う虫にされたような感覚でした。人生の歩き方が分からなくなってしまった気がしました。

昨年春、私は東京盲ろう者友の会を紹介していただき、将来について相談に伺いました。その帰り道、職員の方に最寄りの駅まで送っていただいた時のことです。

駅は高架になっているのでしょう。電車の行き交う音が空間に響き、アナウンスは音の固まりとなってわんわんと漂うばかり。私の補聴器は、音の飽和状態のなかでは無力となります。駅員のいるあろう方向に向かって声を出しました。

「すみません…ホームでの誘導と、新宿駅で小田急線への乗り換えのお手伝いをお願いしたいですが」

伝わったかどうかを把握できないまま、じっとその場に立ちます、いつものように。きちんと伝わっていれば、やがて駅員が私の腕をつかんでくれるはず。私はじっと待つ、それしか術(すべ)を知りません。

現実の世界とは薄い膜で遮断されている感覚に陥ることがあります。人混みにいても透明人間に囲まれて暮らしているような孤独をしばしば感じます。

と、友の会の職員の方が私の両手を取って、駅員室の窓の桟にそっと置きました。そして指の上をゆっくりたたくのです。

『あっ、これ…指点字?!』

いましがた友の会の事務所で、盲聾者のコミュニケーション手段には、手のひらに指で文字を書いてもらう「手のひら書き」、触って読み取る「触手話」、そしてこの「指点字」などがあると教わったばかりでした。私はパーキンスブレイラーのキーに自分の指を置いた様子を思い浮かべました。

(右手…中指?『濁点』で…次、これは分かる…『タ』、だから『ダ』だ)

「だ?」

と声に出すとすかさず手の甲に、指で○を書いてくださいます。私は慎重に読み続けます。これ時間掛けて何度も繰り返しました。ひとしきりして私は促されるままに、そこまでの文字をつなげて声に出してみました。

「ダンセイノ エキインガ デンワデ レンラクヲ シテイマス

その瞬間、制服姿の駅員がきびきびと働く姿が、私の脳裏にはっきりと浮かんできたのです。手に触れずとも、そこには私と一続きの世界が存在することを確信しました。

この駅での経験以来、人とコミュニケーションを取ることに貪欲になりました。なりふり構わず、手のひらを相手に差し出して、指で文字を書いてもらって会話することをはじめました。聞き取れないことを恥ずかしく思うあまり、聞こえたふりをしてひとりで勝手に寂しがるのは、もうよそうと心に決めました。ひとりで行かれなくなった場所を数えるのはやめて、初めての場所へも通訳介助員の制度を利用して出掛け、道中は手のひら書きでのおしゃべりに興じるようになりました。地元の盲ろう者友の会に入れていただき、コミュニケーション学習会では盲聾者や聾者とも覚え立ての手話や指点字のスキルを駆使しておしゃべりするようになりました。私はこれからもずっと人の真ん中で生きていきたいとより強く願うようになりました。

視覚障害が進行していったん墨字を失い、自分の文字として新たに点字を得ました。聴覚障害が進行した今、おもしろいことに私の手のひらでは再び墨字が大活躍、手の甲の指の上では新しく覚えた指点字が私と外の世界とを結びつけてくれています。このふたつの文字は今、自分が確かにこの世に存在しているという実感を与えてくれる、生きる意味であり希望そのものなのです。

Copyright (C) -2012 Hiratsuka School for the Visually Impaired. All Rights Reserved

 

ページトップへ